座間味、海

2011年4月19日 (火)

春爛漫

 震災の被災地にも桜が咲き、ささやかな花見が行われたと聞きます。

自粛も結構ですが、東北の酒も飲んでくれという話も聞きます。

日本全国自粛ムードで疲弊しそうな気配が満開ですが、飲みます、食います、東北の酒、東北の魚、座間味には桜は無いですが、ニュースの花見を見て、一人酒を飲んでます。

桜ではありません、分かってるわい!という声が聞こえてきそうです。Simg_0002 今日は、ご報告です。スタッフの中澤より、皆様にメッセージです。

以下、本人の文章そのままに

”心配して下さった皆様、心から感謝しています。本当にありがとうございました。これからも良いガイド、サービスが出来るように頑張っていきます。皆様と笑顔でお会いできる日を楽しみにしています。” 中澤政浩 ”

以上です。阿武からすれば物足りないお礼の言葉ですが、朴訥な中澤としては精いっぱいの言葉だとと思いますので、ご心配、ご迷惑をおかけした皆様、この心根を理解してやって下さい。4月の11日より出社して、保全活動(オニヒトデの駆除やらレイシガイダマシの駆除やらを毎週座間味ではやっています)に出かけ、午後にはクラブハウスの清掃やらCD-3の船底掃除やら、GWに向けた備えをしています。日々明るい顔になって来ていますのでご心配なく。

GWにお見えになる方にご連絡です。前回にもご報告しましたが、今年は水温の上りが遅いようです、例年より水温が低めに予想されますので、それなりの準備が必要かと、それなりの酒と、それなりの服装と、それなりの心構えでお越しになることをご推奨いたします。

2011年2月23日 (水)

合宿1校目終了

この春最初の合宿が、無事終了しました。

思ったよりも寒くなく、天候も悪くなく、楽しめました。

サメが見たい、カメが見たい、名瀬沖に行きたいの、サクバルに行きたいの、なかなか注文が多いい学生でしたが、ほぼすべての希望をかなえました。

ヤカビ新作コース(サンゴのきれいなところが見たい)、イジャカジャ(カメが見たい)、サクバル、名瀬沖、イジャカジャ3(ダイナミックな地形が好き)海底砂漠、そしてナイト、かなり盛りだくさんです。

明日からは2校目、さらに人数が多く、どんな希望が出てくるやら、楽しみです。

最近の合宿は昔ほど、きりきりしていなく、楽しもうという姿勢が見えて、楽しいです。Simg_3980_2 ブリーフィング風景です。真剣そうに見えますが、結構リラックスしています。サクバル魚礁前深度潜水の経験の為のダイビング前なので、1年生は少々ビビりの入っている子もいるようですが、この後、ダイビングコンピューターの最大深度をチェックするぞと脅しをかけると、一同リラックス。ちなみに、学生たちの許容深度は30mを超えないことです。

2011年2月14日 (月)

また、欠航です

 本当に今年の天気はどうなってるの

昨日、ようやく船が動いたと思ったら、又欠航です。

今日は学生達が1年に一度のダイビング合宿に来るというのに、那覇泊りです。

今年に入って、どれだけの欠航便が出たのでしょう、先日の3連休中も2日間欠航で

島に来れなかった方がいました。もう、勘弁して!

ところで、座間味にも桜が咲いているのをご存知でしょうか、本数はわずかですがそれなりに咲いていますよ。

 明日からは学生たちとワイワイと海に出かける予定です。

2010年10月27日 (水)

木枯らし1号

最近、不精になりました。前回はいつこのブログを更新したのでしょう。

言いわけはしませんが、なんだか気の乗らない日々が続いていたような。

全国的に木枯らし1号が吹き荒れたようですが、座間味、沖縄も例外ではありません。

一昨日の夜中から風速18mくらいの風が吹き荒れ、気温も20度ほどに下がっています。

 と思いきや、台風です、木枯らしの吹きやむ間もなく台風の風が吹いて来て。どれが木枯らしで、どれが台風の風か区別がつかにあり様です。

26日に船が全便欠航しておそらくは30日まで欠航が続きそうな気配です。

 来月からか、恒例になりました、ファン感謝月間が始まります。今年も、島の芸達者が手ぐすね引いて待っています。時間の取れる方はどうぞ今一度座間味に足を運んでください。

 ブログを書かなかった間のトピックスを少々。

魚礁でのこと、50分ほど潜り浮上しようとした折の事。

ブロックの上で、何やら騒がしげな雰囲気、ふと、目を向けるとチョウチョウウオがブロックの上で苔なのかサンゴのポリプなのか、何者かをついばんでる様子、特段変わったこともないなと想って見ている、まさにその時、いきなりコブシメがチョウチョウウオをくわえるのが目の当たりに、びつくり、何事かと、傍によると、コブシメはしっかりとチョウチョウウオを、その足で捕らえ、ダイバーが近ずいても離そうとしない。哀れ、チョウチョウウオ、すでに絶命のご様子、さもありなん、コブシメは常に魚の頭部の急所を狙い攻撃を仕掛けて行くのです。以前にナイトダイビングでコブシメがグルクンを狙った時もそうでした。

もうひとつ、これはガイド時では無いので簡単に、新作の奥武島沖の島での出来事。ガイドは中澤です。ツインロックのような隠れ根で、トビエイの大群に遭遇したとのこと、その数50とも100とも」、いやいや200とも、トビエイの種類は興奮したカメラマンの映像では判別不可能でしたが、こんなこともあるんです。まだまだ新しい発見が待ってる座間味です。

2010年9月22日 (水)

キビナゴのシーズン到来

 キビナゴのシーズン到来です。すごいです。壁です。カーテンです。

食べたくなります。でも、捕まえられません。きらきら光って美味しそうです。

ヤカビY、ヤカビL、いじゃかじゃ2、岩場には大群が溜まっています。

そこに、カスミアジの群れが大挙して押し寄せ、キビナゴを食い散らかしていきます。

この光景が又、すざましい、あまりのスピードにどこを見ていたらいいのやら、

目の回る思いをさせられました。量的にもうしばらく続きそうです。

 余談ですが、夏休み中に講習をしたキッズ達の認定カードが出来上がりました。

近じか本人たちに届くと思います。ナオキ、ユリエ、エリ、リョウタの4人です。

バリバリに潜れますから来年の夏に一緒になる大人ダイバーは心してください。Simg_3765

2010年3月10日 (水)

寒の戻り

寒の戻りとは良く言ったものです。先週の夏日の日々から今日は10,1度、冷蔵庫の中にいるようです。

天気予報を見ると東京より気温が低いです。昨日まで潜っていた学生も、今日は早めの中日にして、お休みです。

明日からは本来の気温に戻りそうなので、海に復帰します。最近はうみが荒れ模様で、今年はまだクジラに遭遇していないので、明日辺りから外海に出られるといいなと、思いつつ空を眺めています。

来週の連休あたりには、全快、晴天、べたなぎを期待しています。昨日の水温21度、体調が良いせいか、インナーの性能がいいのか、ダイビング中はあまり寒さを感じませんが痩せた方には少々寒いかもです。

2009年8月21日 (金)

金魚、復活!!!!

沖縄近海に熱低、なんだこりゃ、海はべた凪、午前は新作のヤカビクラブ

午後は大潮、激流のトムモーヤ、熱低様は寝てましたね。台風の欠片にもなり得てません。

残念なことに明日に予定していた座間味島祭は沖縄県に新型インフルエンザ警報が発令され座間味にも少々の患者が出たことから順延になりました。小さな島故に大流行になると、一たまりもありませんから、自粛です、医師に感染したら無医村になりますので要注意です、皆さんも持ち込まないようにご協力をお願いします。

ところで、長いこと捜索中でした、あの伝説の金魚が復活しました、デビューは西浜と何とトムモーヤです。魚たちの反応は上々、姿は小ぶりですが、力は十分。Simg_3002 Simg_2997 こ奴はさすがに反応はしませんでした。金魚の活躍を楽しみにしていてください。

2009年8月 4日 (火)

めんどくさい、って、なんだかな

雨なんです、スコーエルです。穏やかに飲んでる時に雨です、邪魔くさいです

ジュニヤ、多数、親父、多数、おばさんもっと多数、勝てません。

男の子のジュニヤも今、傍で語っています。

あああー、っ面

2009年8月 3日 (月)

潮どき、雲行き

 1日の休みも無く、8月に突入しました。

7月に1個の台風も接近しなかったのは、6年ぶりだとか、で、今日の雲行きです。Simg_2981 CD-3の上を通過して行ったスコールの雲です、下に見える島はトナキ島です。このあとにも真黒い雲が迫っていています。沖縄の南方と南シナ海に熱低が、そのうち台風になるやも、Simg_2980

イジャカジャからヤカビ方面、この雲も、CD-3の上を通過、海は凪ですが空は荒れ模様、水温も28~29度となり、不気味さはいやおうなしにまして来ます。

で、潮時、グルクンが集まる潮どき、イソまぐろが集まる潮どき、そして今日はマンタに会える潮どきでした、船を止めるとすでにマンタが待ち構えたように姿を見せ、早くおいでとばかりに悠然と泳ぎまわる、潮時を読む、この面白さは、経験を重ねるほどに面白く、複雑で楽しいものです。明日はどこに行きましょう?

2009年7月27日 (月)

夏休み、真っ盛り、おじんダイバーも、おばーダイバーも、ちびっこも全開モード

海も全開といいたいところですが、なんだか不穏な風と不穏なうねり、じゃかましいです。

遠出をしたいなーと思っているとみょーなうねりが、風も一番厄介な南西の風、波高1.5m、中途半端です。ヤカビの新作が使えません。今日もヤカビに行って、Uターン、男岩へ、午後は新作の牛瀬、キッズが乗っているのでアンカーリング、皆がエントリーするそばで飛び込み三昧、フィンもつけず、ライフベストもなく、水深10の海にひたすらダイブを繰り返してました。ダイバーといえば、5cm位のイセエビの子供をいたぶり(決していじめたわけではありません、光が嫌いなのにひたすらライトを浴びせ、ストロボの光を容赦なく、ということです)銀次郎には寄ってたかってカメラの嵐、目を白黒させてました。サメといえばサメの肌は指示棒で撫ぜても、サメ肌であったのです。今度出会うときには、本わさびを持参したいところです。

ところで、明日から新品のスタビでデビューします。ぼろぼろのスタビを直しなおし使い、先日から2か月余り、奥様のご厚意で常連さんの遺品を使わせてもらってましたが、そろそろ自前に戻ろうかなと、購入しました、例の奴です、明日から少々楽しみです、ポケットが多いいので、いろいろと、仕込めそうです、こうご期待を!

写真を入れたいところですがありません。

より以前の記事一覧