« ダイビングガイド 巧みの技 | トップページ | ダイビングガイド 匠の技 VoI.4 ポイントの選定 »

2013年9月12日 (木)

ダイビングガイド 巧みの技 潮を読むその2

潮を読む、今日は魚のいる所にどうして行くか?

魚は潮の上手に集まる。小さな島、海底の根、岩棚、いずれの場所でも

魚は流れが当たる側に集まります。特に沖縄ではグルクンとかイソマグロ、団子に、川になります。ただし、あまり流れが強すぎたり、流れが乱れていると集まりません。

この法則は特段目新しいことではなく、漁師さんなら皆昔から知っていることです。

これをどうダイビングに活かすかが、巧みの技です。

魚は流れの上手に集まりますがその中でも好きな地形があるようです。

地形的にはフラットなところより駆け上がりになっているところ、岩の壁であれば、少しでっぱりがあったり、肩になっているところを好むようです。座間味でもグルクンに囲まれ、ツムブリに囲まれるなんて事は、特段のポイントに行かなくても潮時さえ読めば手もないことです。

では、どうして魚のいるところに入っていくか。潜りやすいのは島影、岩陰ですが流れが無いので魚は集まってきません。スズメダイ、キンギョハナダイと言った流れに左右されない魚だけです。ダイナミックさやドラマは期待できません。

そこで、流れの上手からエントリーしても負担の掛からない潮時を選ぶか。

潮陰の流れの無いところにエントリーし、逆潮、反流を利用して潮上に出て、魚に合流する。小さな岩にも、大きな岩にも島であっても、潮の流れが当たれば必ずと言ってよいほど反流、逆潮ができます。流れが強ければ強いほど反流の範囲、流れの掛からない範囲が広くなります。岩に対して流れが当たるときは、上下、左右に流れが分かれ、エアーポケットのように流れが無いところができます。ここにお客様を導けば、辛くも無く穏やかに魚を観賞し戯れることができます。

« ダイビングガイド 巧みの技 | トップページ | ダイビングガイド 匠の技 VoI.4 ポイントの選定 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172290/58179924

この記事へのトラックバック一覧です: ダイビングガイド 巧みの技 潮を読むその2:

« ダイビングガイド 巧みの技 | トップページ | ダイビングガイド 匠の技 VoI.4 ポイントの選定 »